MENU

健康のための野菜ジュースで太る?

目次

■野菜ジュースは、糖質が多い

ダイエットをしている女性の方や
健康志向の方には、野菜ジュースを
飲む習慣にしている方
も多いと思います。

ビタミンや野菜の摂取不足を気にして、
栄養補給に野菜ジュースを飲んでも、
実は、野菜ジュースを飲む習慣が

肥満や老化の原因となるなら、

これからも飲み続けたいと思いますか?

■パンと野菜ジュースは、食後の血糖値が上がる!

パンと野菜ジュースという
組み合わせで食べる方は、
コンビニやスーパーなどで
よく見かけます。

しかし、主食のパンや
野菜ジュースも糖質量が多く、
糖質比率も高いので、食後の
血糖値が上昇しやすいです。


実際に私がサンドウィッチと
野菜ジュースを飲んだ後の
食後の血糖値を測定しました。

白いパンではなく、食後の
血糖値の上昇を緩やかにする
低GI食品の全粒粉入りのパンを
食べました。

食後1時間後の血糖値は、
動脈硬化を起こすとされる
180mg/dLを超えています。

血糖値は、90→186mg/dlと
2倍近く上昇しているので、
食後の高血糖が起きています。

次は、食後2時間値です。

食後2時間値の基準値は、
140mg/dLですので、
まだ、血糖値は高いです。

血糖値が上昇するということは、
上昇した血糖値を下げるために
肥満ホルモンであるインスリンが
追加分泌されますので、体重や
中性脂肪の増加に繋がりますし、
老化や病気を招く糖化も起きます

■ジュースの糖は、糖化を起こしやすい!

清涼飲料水や野菜ジュースなど、
飲み物で摂取する糖は、食べ物と比べ、
吸収が早いので、血糖値も急上昇し、
糖化しやすいと考えられます。

特に、果糖ぶどう糖液糖と記載のある
ジュースは、避けてください。

スポーツ飲料も糖質は多いため、
運動習慣のない方がスポーツ飲料を
飲むのも控えた方が良いです。

■果物のジュースも要注意!

野菜ジュースに限らず、
果物のジュースも注意が必要です。

果物のジュースに含まれる果糖は、
血糖値こそ上げませんが、
ブドウ糖に比べ、約10倍糖化する
とされています。

運動習慣があり、運動前や運動直後に
飲む場合であれば、大丈夫ですが、
デスクワークなど運動をしない時に
栄養補給としてお飲みいただく場合は、
糖質量の少ないものを選びましょう。

■野菜ジュースより野菜を食べましょう!

栄養補給の目的であれば、
野菜を食べるか、ご自身で
野菜ジュースをつくって
飲む習慣にしていただきたいです。

健康のために野菜ジュースを
飲む習慣が食後の血糖値を上げ、
肥満ホルモンの分泌を促進し、
老化や糖化によって動脈硬化や
生活習慣病となっては、本末転倒
です。

野菜ジュース1本に
糖質が20g含まれていれば、
スティックシュガー約7本分
です。

200mlの飲み物を飲むとき、
スティックシュガー7本分は、
多いと思いませんか?

だいたいスティックシュガーや
角砂糖は、1本(1個)約3gなので

摂取糖質量(g)÷3(g)で計算できます。

メニューに糖質99gとあれば、
99÷3=33個分の角砂糖となります。

このように糖質量を確認して、
スティックシュガーや角砂糖に
換算することで、摂り過ぎか
どうかを判断できます。

ビタミンなど栄養補給の際は、
糖質量の低いものを買うことが
良いかと思います。

■お茶やコーヒーは、大丈夫

基本的にお茶やコーヒー、紅茶などは、
砂糖やシロップを入れなければ問題ありません。

しかし、喫茶店にもよりますが、
自分で入れる量を調整できずに、
すでに甘い状態になっている
コーヒーや紅茶は、NGということは
いうまでもありません。

海外では、日本茶などに砂糖や
シロップを入れ、甘くして飲む風習も
あるようですが、やはり肥満や
糖尿病の多い国だったりします。

■「からだ楽痩茶」は、糖の吸収を抑えます!

日本茶やコーヒー、紅茶は、
糖質量が少ないため、食後の高血糖を
起こさないという点では、問題ないです。

「からだ楽痩茶」は、糖の吸収を抑制し、
食後の血糖値の上昇を抑え、肥満や
老化の原因となる糖化も予防してくれます。

コンビニで市販されている糖の吸収を
抑えると記載のある機能性表示食品や
特定保健用食品などと比べても、
食後の血糖値は抑えられています。

効果も高く、1日当たりの価格も
安くなっておりますので、食事による
糖の吸収を抑えることができる
「からだ楽痩茶」を毎食飲んで、
防いでいきましょう。

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

記事を読んで役に立った!
早速、やってみました!など、
感想を入れていただくと、
励みになります。

また、ご質問などもございましたら、
お気軽にコメントください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 43歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメントする

目次
閉じる