MENU

健康診断の正しい見方について

目次

■見るだけじゃ、勿体ない!

こんにちは。

ダイエットプロフェッショナル
アドバイザーの岡野です。

この健幸いきいき広場を
3月からはじめて、
ご相談いただいた皆様から
検診結果のご報告をいただきます。

なんだか、成績表をみる
親のような気分で、
ドキドキ、ワクワクの瞬間です。

いつものように数値の改善を
共有する流れでも良いのですが、
今日は、一歩上のお話を。

みなさん、健康診断の結果、
ちゃんと見れてますか?

■健康診断、どんな風にみてますか?

恐らく、多くの方は、

「どこか悪いところは
      ないかな~」

と思いながら、

①結果をみる

特に引っかかっている
項目がなければ、
そのまま閉じませんか?

もしくは、体重とか
腹囲、中性脂肪など
気になる部分を見て、
おしまいだと思います。

これは、30代くらいまでなら
良いのですが、40代以降は、
体のSOSに気づけるよう
検診結果をみていきましょう!

■振り返りをする重要性

私が個人的に重要だと
感じるのは、

【振り返りをする】

ということです。

実際にお客様からいただいた
検診結果のご報告が
とても素晴らしかったので
共有して、解説します。

まずは、3月にここで
ご相談を募集した時に
コメントいただいたお客様で、

中性脂肪
・HDLコレステロール
・LDLコレステロール


をなんとかしたいと
ご相談いただきました。

そして、今年の検診結果を
報告してくれました。


素晴らしいポイントが
いくつもあるのですが、
お気づきになりましたか?

■過去と比較する!(ポイント1)

このように今年の結果を
昨年の結果と比較して
ご報告いただきました。

気にされていた3つの項目は、
すべて改善しています。

・中性脂肪:170→152(-18)

・HDL(善玉)コレステロール
 ※数値が高い方が良い
 48→54(+6)

・LDL(悪玉)コレステロール
 160→141
(-19)

中性脂肪値の基準値は、
30~149㎎/dlですので、
半年ちょっとでここまで
改善しているので次回には、
基準値になっているでしょう。

■実践した変化も書く!(ポイント2)

特に素晴らしいのは、

ウォーキング:5,000→6,000

と検診結果だけでなく、
変化のあった運動習慣を
数値で記載されていることです。

歩数だけでなく、7分程度、
スロージョギングも入れて、
運動強度も改善しています。

過去の記事を読まれている方には、
すっかりお馴染みですが、
ウォーキングでは効果が低いので、
最適な歩数や運動強度にしましょう。

という教訓をしっかり活かしています。

このように実践したことと
結果が伴っているかを
しっかり振り返り確認すると、
今までやってきたことが
成果に繋がっているか把握できます。

■部分ではなく、全体をみる(ポイント3)

「からだ楽痩茶」を飲んで、
効果がないとご相談される
お客様に多いのが、

・みている項目(評価)

が少ないことです。

例えば、今回の例でいうと、

体重だけにフォーカスすると、

・体重:50→49(-1kg)

となり、1kg痩せたとも
捉えられますが、誤差範囲
のようにも見えますよね。

この方の場合、初回相談時に
BMIは、健康的な21となり、
適正体重でしたのでこれ以上、
痩せる必要はありません。

しかし、

・体脂肪率:26.5%→25.0%(-1.5%)
・内臓脂肪:5.5→5.0(-0.5)


体脂肪や内臓脂肪は、
しっかりと改善していることが
数値で把握できますよね。

このように色々な数値をみて、
変化が必要な項目がしっかりと
目標値に向かっているかを
把握することが重要なんです。


1日5,000歩を6,000歩と聞くと、
なんだか多く感じる人も
いるかもしれませんが、
スロージョギングだと、
1日5~7分の追加でいけます。

今回は、HDLの改善を
希望されていたので運動を
中心としたアドバイスですが、
目的や目標の数値、ご本人様の
希望や楽しく続けられる方法を
選ぶことが大切です。

■最近の傾向を確認する(ポイント4)

人によっては、検診結果に
過去3年分くらい記載がある
ものもありますね。

私は、過去5年分を比較し、
異常がなくても、直近の
変化を把握するようにしています。

例えば、中性脂肪値は、
基準値が30~149と
幅広いです。

今まで基準値で問題なくても
過去の推移を確認し、

60→80→90→100→125

のように増加傾向にあるのか
把握することが重要です。

是非、皆さんもやってみてください。

■みなさんの振り返り、大募集!

この記事を読み終えましたら、
まずは、健康診断の結果を
見比べてみましょう。

特にご家族の検診結果も
共有していただくことを
オススメします。

結構、「からだ楽痩茶」を
飲んでいない方が
数値が悪化していることが
あります。

家族やご夫婦で同じものを
食べているのに数値が
悪化しているということは、
からだ楽痩茶を飲む習慣を
つけると改善しますね。

もし、2袋セットなどへ
変更希望の方は、
岡野宛に「2袋へ変更希望」と
ご連絡ください。

okano@d-hourensou.com

そして、検診結果の振り返りをして、
報告してくれる方も大募集!

私のプロフィール欄のように
様々な数値を比較すると、
分かりやすくて良いですね。

検診結果のご報告や
見方が分からない方は、
岡野宛まで写真をお送りください。

公開してもOKという方は、
今回のように解説しますので、
ニックネームなどでお送りください。

本日も記事をお読みいただき、
ありがとうございました。

コメントなどいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

記事の更新を受け取りたい場合は、
LINEの友だち追加で通知を受け取れます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 43歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメントする

目次
閉じる