MENU

からだ楽痩茶の豆乳割りが美味しい!

目次

■からだ楽痩茶の愉しみ方

こんにちは。
健康管理士の岡野です。

今日は、私がオススメする

からだ楽痩茶の豆乳割り

をご紹介します。

私は、朝食は、ご飯よリ
パンやグラノーラを
食べることが多いです。

パンの時は、このように
サーモンや卵、チーズなど
たんぱく質を多めにして、
糖質比率を下げて食べます。

この時、「からだ楽痩茶」でも
良いのですが、「からだ楽痩茶」を
豆乳で割って飲むと、パンなど、
洋食には、とっても合うんです。

■からだ楽痩茶 豆乳割りの作り方

作り方は、とっても簡単です。

好みの豆乳で好きな味に
割っていただくだけです。

個人的には、「からだ楽痩茶」を
400mlなど濃い目に抽出して、
豆乳で割ると、

 ほうじ茶ラテのような
 香ばしい香り


で美味しいです。

■元祖美魔女のあの方も!

元祖美魔女として、
活躍されている水谷雅子さんも
豆乳割りを紹介しています。


こちらで紹介されました。

多忙な水谷さんでさえも
シワ、たるみなどの糖化予防、
老化物質AGEsの蓄積予防、
体重維持のために楽痩茶を
水筒に入れて、外食時に
お飲みいただいております。

豆乳割りの良いところは、
苦みを感じにくくなることです。


苦みが気になる方や
食事の際、特に洋食の時に
楽痩茶の豆乳割りで飲むと、
美味しく飲めるようになりますよ。

健康よりも健幸のために、
味も工夫して食事を愉しみながら、
美と健康にお役立てください。

本日も最後までお読みいただき、
誠にありがとうございます。

実際に豆乳割りをつくって、
感想や写真を送っていただけると
嬉しいです。

是非、okano@d-hourensou.comまで。

皆様からの感想待ってます!

LINEでのお悩み相談も受付中!
今すぐご登録ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 43歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメントする

目次
閉じる