MENU

毎日どのくらいの糖質を摂取していますか?

目次

■意識を持つことが大事です!

まず、みなさんは、

1日にどのくらい糖質を
摂取しているか


考えたことはありますか?

お客さんと会話する際、
食事内容をお伺いすると、

 甘いものはあまり
  食べないんです~!


とおっしゃる方も
糖質の量をお伺いすると
答えられない方が多いです。

私の個人的な意見として、
日本人は、カロリーは、
非常に気にしていますが、
まだまだ糖質の摂取量には
意識が低いと思います。

下の記事にも書いたように
低カロリーでも太る方が
多いことからもカロリーより
糖質摂取量を把握する方が
重要です。

これをきっかけに是非、
糖質の摂取量を確認する
習慣をつけてください。

■日本人の糖質摂取量の平均は?

まずは、現状把握です。

自分で考えることが
重要ですので、記事は、
質問形式にしています。

できるかぎり答えを
頭の中に浮かべてから
読むようにしてください。

日本人が1日に摂取する
糖質摂取量は、何gだと
思われますか?



(頭に浮かべたら先に
    進んでくださいね)


だいたい280~300gと
いわれています。

糖質300gと聞いて、
多いと思いますか?

それとも適正量だと
思いますか?

あんまりピンとこない人が
多いと思います。

では、これを角砂糖に
変換してみましょう。

1日280~300gの糖質量を
角砂糖やスティックシュガーに
換算すると、

93~100個(本)です。

朝、昼、晩の3食で割ると、
1回の食事で30個以上、
角砂糖を食べる計算です。

1回の食事で角砂糖30個
食べられますか?

こうやって考えると、
普段食べている量が、
過剰であるとイメージ
しやすいですよね。

それでは、ご自身が
本当にそのくらい
摂取しているかを
確認していきましょう。

■どうやって計算するか?

では、普段の生活で
どのように糖質の摂取量を
確認するか説明します。

スーパーやコンビニ、
飲食店では、食事における
糖質量を記載しています。

炭水化物=糖質+食物繊維

なので、炭水化物の表記の
お店もあります。

例えば、全国展開する
和食のチェーン店では、
糖質の記載があります。

ソースチキンかつ丼と温蕎麦
(五穀ご飯)

の糖質は、128.7gです。

角砂糖やスティックシュガーは、
3gなので、3で割ります。

すると、

糖質量128.7g÷3(g)=42.9(個)

つまり角砂糖で約43個です。

でも、五穀ご飯もお蕎麦も
甘くないですよね?

普段ケーキや和菓子など
甘いものを食べない人が
見過ごすのは、この点です。

甘いもの=砂糖

の摂取量は少なくても

甘くない=炭水化物(糖質)

の摂取量が多いのです。

ご飯や五穀ご飯、
蕎麦やうどんなどの
麺類も砂糖と同じように
血糖値を上昇させます。

多くの方が、ここで
計算を間違っているのです。

■甘くないものでも血糖値は上がる!

過去に私の食後血糖値で
お伝えしてきたように
甘くない蕎麦やおにぎりなどの
食事でも血糖値は上がります。

食後血糖値の上昇には、
個人差があります。

同じ糖質量でも

・健常人
・糖尿病予備軍
・糖尿病患者

のように健康状態によって、
血糖値の上昇幅は異なります。

基本的には、食後の
血糖値が200mg/dLを
超える人は少ないです。

しかし、私のように
糖質40g程度でも
血糖値が200を超えると
肥満だけではなく、
糖尿病や心筋梗塞、
脳梗塞などのリスクも
高まってしまいます。

■記載のない場合は、どうするか?

糖質や炭水化物の記載が
ないお店もまだまだ多いです。

特に個人の飲食店や
ご自宅で食事をする際には、
糖質量の記載がないので
把握するのは難しいです。

糖質量が分からなくても
食後の血糖値を測定し、
動脈硬化を起こさない
180以下になるレシピを
把握できればOKです。

しかし、血圧計のように
気軽に血糖値を購入できず、
仮に購入できたとしても
消耗品のランニングコストが
結構かかります。

血糖値は、1回測定するのに
数百円のランニングコストが
かかるので、1食分測るだけでも
年間にすると結構かかります。

食前、食後1時間、
食後2時間の場合、

200円×3回=600円

30日×600円=18,000円

1年で

18,000円×12ヶ月=216,000円

年間で20万以上かかります。
3食測るなら60万です。

本来は、食べるものによって、
食後の血糖値を測定し、
自分に最適な糖質量を把握し、
食事の内容を決めるのが理想的です。

しかし、手間やコストが
かかるので糖尿病の方でも
一部の方しか測定しません。

ちなみに自分の血糖値を
測定してみたい方って、
いらっしゃいますか?

もし、おられましたら、

測定してみたい!

とコメントに記載ください。

10人くらいコメントあれば、
企画として検討しますね。

最後までお読みいただき、
誠にありがとうございます。

コメント欄は、入力後、
すぐに公開はされません。

公開OKと記載いただければ、
確認次第、公開いたしますね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 43歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメント一覧 (2件)

    • くろらぶさん

      コメントありがとうございます。

      血糖値を測定してみたい
      ということで、何か
      ご不安な点がありますか?

      検診結果の血糖値が高いなど、
      測定したい理由をお聞かせください。

コメントする

目次
閉じる