MENU

乳酸菌飲料にご注意!?

目次

■乳酸菌飲料は、糖質が多い

ダイエットをしている女性の方や
健康志向の方には、乳酸菌飲料を
飲む習慣にしている方も多いと思います。

腸活や栄養補給、便秘改善のため、
飲んでいる乳酸菌飲料が肥満や
糖化、老化の原因となるなら、
これからも飲み続けたいと思いますか?

■乳酸菌飲料は、パンよりも糖質が多い!

2つの写真をご覧ください。

サンドウィッチの糖質量
22.7gに対して、
乳酸菌飲料の糖質は、
23.2gと多いです。
乳酸菌飲料190g(ml)の糖質を
角砂糖に換算すると約8個分です。

飲み物の量としては、
コップ1杯分程度ですから
角砂糖8個分というのは、
摂り過ぎだと思いませんか?

全てではありませんが、
乳酸菌飲料は、糖質量が多く、
糖質比率が高いものは、
食後の血糖値が上昇しやすいです。

食物繊維もありませんので、
血糖値が上昇しやすいです。

血糖値が上昇するということは、
上昇した血糖値を下げるために
肥満ホルモンであるインスリンが
追加分泌されますので、中性脂肪や
体重の増加に繋がりますし、
老化や病気を招く糖化も起きます。

■食後の血糖値は、どうか?

先程のサンドウィッチと
乳酸菌飲料の糖質量は、
45.9gです。(22.7g+23.2g)

これを食べた後の血糖値は、
どのくらいだと思いますか?

食後1時間後の血糖値は、
207mg/dLでした。

※個人差は、あります。

以前、食後の血糖値を測定した
野菜ジュースよりも糖質量は少なく、
ロカボの基準40gに近いですが、
吸収が早いので、血糖値が急上昇して、
糖化しやすいと考えられます。

食前の血糖値が90前後なので、
2倍以上となり、血糖値上昇時に
感じやすい眠気が起きます。

■食後2時間の血糖値は?

では、食後2時間値は、どうでしょう。

食後2時間が経過しても血糖値は、
188mg/dLと高く、食後の高血糖、
血糖スパイク起こしています。

※個人差は、あります。

この間、肥満ホルモンのインスリンは、
ずっと分泌されています。

食後2時間後の血糖値は、
140mg/dL以下が基準値ですが、
私の場合、分泌されていても
タイミングが遅いので数値が高いです。

血糖値は、180 mg/dLを超えると
動脈硬化を起こしますので、
鉄分補給のために飲むことで
血管が傷ついてしまいます。

運動習慣があり、運動前、運動直後に
飲む場合であれば、大丈夫です。

しかし、在宅やデスクワークなど
運動をしない日に栄養補給として
お飲みいただく場合は、食後の
高血糖を起こしている可能性もあり、
糖質量の少ないものを選びましょう。

■危険なのは、低血糖

今回は、食後4時間30分後の
血糖値も測定しました。

食後の血糖値が高い状態が続き、
インスリンが長く分泌されると
どうなるか分かりますか?

この頃には、血糖値は、
76mg/dLまで低下しています。

※個人差があります。

通常、インスリンが適切な量で
追加分泌されていれば、食前の
血糖値となる85~95mg/dL前後で
安定します。

しかし、インスリンが長い時間、
過剰に分泌されているので、
この時間帯まで下がっているのです。

これは、機能性低血糖といって、
血糖値が急上昇、または高血糖により、
過剰分泌されたインスリンの影響で
急激に血糖値が低下したり、
血糖値が低い数値になります。

血糖値が急激に下がったり、
血糖値が低くなると、

空腹感
疲労感
頭痛
めまい
手や体に力が入らない
ふらつき
貧血のような感じ
動悸、冷や汗
眠気、イライラ

などを感じることがあります。

■最高値と最低値の差が大きいと危険!

食後の高血糖(血糖スパイク)と
低血糖により、血糖値の幅(差)が
大きい人は、特に要注意です。

というのも、

血糖の上下動が大きければ、
大きいほど、認知機能が低下する


というデータがあるからです。

横軸のように血糖値の差が
大きくなるほど、縦軸の
MMSE score(認知機能点数)が
下がっています。

つまり、認知症(アルツハイマー病)に
なるリスクが高まる
ということです。

そのため、食後1~2時間後に
眠気を感じたり、食後3~4時間で
低血糖による空腹感を感じる方は、
血糖値のコントロールが必要です。


そして、こういった方は、
検診で気づきづらいのも難点です。

食後の血糖値が高いだけだと、
HbA1cの数値が上昇するので、
検診で気づくことができます。

しかし、高血糖の後に低血糖で
血糖値が低くなりすぎていると、
健康診断のHbA1cは、正常になる
可能性もあります。

というのもHbA1cは、1~2ヶ月の
血糖値の平均のため、食後の高血糖も
低血糖で数値が平均化されるからです。

こうなると、健康診断のHbA1cでは、
食後の高血糖や低血糖に気づくことが
できません。

■まとめ:乳酸菌飲料も糖質量に気をつけて。

食後の眠気や空腹感などの
低血糖症状を感じる方は、
乳酸菌飲料などを飲む習慣は、
控えた方が良いでしょう。

食後の血糖値が上がらないよう
低糖質のものを選びましょう。

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

記事を読んで役に立った!
早速、やってみました!など、
あの症状は、低血糖だった
など感想を入れていただくと、
励みになります。

また、ご質問などもございましたら、
お気軽にコメントください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 43歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメントする

目次
閉じる