MENU

野菜から食べると痩せるのか?

目次

■お客様からの疑問に答えます!

本日は、お客様から質問を
いただいた内容を検証します。

以前、食べる順番を変えると
痩せる?という記事をお伝え
しましたが、今回は、

野菜から先に食べると良いか?

について検証します。

■野菜ファーストで検証!

今回は、家の近所にある
オーガニックカフェのランチを
食べて、食後の血糖値を測定します。

・玄米ご飯
・ズッキーニ
・お豆腐
・もやし
・ニンジン
・きゅうり
・サニーレタス
・麩揚げ
・味噌汁

など、とてもヘルシーな
メニューとなっております。


こんな感じで、炭水化物となる
玄米だけを最後に残して食べ、
野菜ファーストで食べました。

今回は、「からだ楽痩茶」は、
飲んでいません。

■食後1時間後の血糖値は?

野菜を先に食べる野菜ファーストだと
何が健康的なのかというと、食後の
血糖値の上昇が緩やかになるからです。

食後血糖値の上昇が緩やかになると、

動脈硬化になりにくい

糖化が起こりにくい

③血糖値を下げる働きのある
 肥満ホルモン インスリンの
 追加分泌量が減る

中性脂肪を合成する
 インスリンの分泌が減るので
 中性脂肪が溜まりにくい

⑤インスリンの分泌量が減るので
 血糖値が下がりすぎることなく、
 機能性低血糖が起こりづらい

⑥低血糖が起きなければ、
 食後の眠気や強い空腹感、
 集中力の低下やイライラなど
 不快な症状も減ります。


ということで、野菜から先に
食べて食後血糖値が低ければ、
健康的で痩せていくはずです。

では、食後1時間後の血糖値です。

うーーーん。

食後の血糖値は、高いですね。

白米を血糖値の上昇が穏やかな
低GI食品とされる玄米に変え、
野菜を先に食べても食後の血糖値は、
基準を超えています。

血糖値は、180mg/dLを超えると、
血管内皮が傷つき、動脈硬化が
起きてしまいます。

血管が傷つくといっても、
特に痛みなどの体感はありません。

血糖値の乱高下している時に
体感する症状は、下記となります。

血糖値の急上昇時には、
食後の眠気を感じます。


また、血糖値が下がり、
低血糖になってくると、
食後の空腹や目眩、イライラ、
冷や汗、だるさ
を感じます。

朝に低血糖になる方は、

なかなか起きられない
・起きたばかりなのに眠い
・疲れやすい、だるい


という実感があります。

そして、こういう状態が
徐々に続くことで糖尿病や
心筋梗塞、脳梗塞、認知症
といった生活習慣病などの
発症リスクが高まります。


私の場合、玄米ご飯で
お野菜たっぷりのランチを
野菜ファーストで食べても
血糖値は、基準値を超えており、
血管に負担が掛かっています。

■まとめ:野菜から食べるのは、最低ライン!

私だけの食後血糖値の
結果をもって、野菜から
食べても意味がない
とは結論づけられません。

一般的に野菜ファーストが
健康的であるとされるのは、
あくまで炭水化物や糖質を
先に食べる順番と比べて、
食後の血糖値が低くなるので、
健康的だという感じですね。

野菜から先に食べていれば、
健康維持や体重が減ったりする
わけではないと思います。


過去に私がカレーの時に
野菜から先に食べた時も
食後の血糖値は、
200mg/dLを超えたので
野菜から食べるだけでは、
効果は限定的だと思われます。

野菜といってもカボチャや
さつまいも、ポテトサラダ、
とうもろこしなどの野菜は、
糖質が多く、先に食べても
食後の血糖値は上昇します。

なかなか食材ごとの糖質を
把握し、どれをどのくらい
食べると食後の血糖値が
上昇するかは、一般の方は、
把握が難しいです。

そのため、糖の吸収を阻害する
「からだ楽痩茶」を飲んで、
食物繊維(水溶性、不溶性)を
たっぷり含んだ野菜や海藻から
食べることを推奨します。

もし、血糖値測定器を
お持ちの方は、食事で

・好きな順番で食べた時
・野菜から食べた時

全く同じ食事内容で食べる
順番だけ変えて血糖値を
測定した結果を教えてください。

野菜ファーストが効果があるか、
お客様からのご協力によって、
情報を集めていきたいと思います。

最後までお読みいただき、
誠にありがとうございます。

役に立った!
実際に血糖値を測ってみた!
など、コメントをいただけると
今後の活力になります。

是非、よろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 43歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメントする

目次
閉じる