MENU

【嬉しいお声】6kg痩せました!

目次

■報連相の重要性

こんにちは。
ダイエットプロフェッショナル
アドバイザーの岡野です。

本日は、「からだ楽痩茶」を
7月からお飲みいただいている
お客様からのご報告を解説します。

私がお客様からの報告を皆様と
共有するのは、正しい捉え方を
お伝えしたいからです。

どうしても多くの方が
体重だけに注目する傾向にあるので
件名などは、そういう方が
反応しやすいものにしています。

しかし、体重以外でも
重要なことがありますので、
効果の判断など参考にしてください。

まずは、恒例の現状把握から。

今回のお客様は、申込み時、
身長163cm、66kgということで
BMIは、24.8となります。

BMIは、25を超えると
肥満度1となりますので、
普通体重ではありますが、
正常高値の状態となります。

適正体重は、BMI 22の58.4kgが
目指すゴールとなります。

BMIについては、下記の記事に
まとめてありますので、
ご自身のBMIを把握していない方は、
こちらをご覧ください。

■こんなお茶で痩せないだろう、、、

ご報告の冒頭で

 こんなお茶で痩せないだろう

とおっしゃっています。

これは、一部の方には真実で
BMIが20以下と適正体重の方が
飲んでも痩せません。

これ以上、痩せる必要がないからです。

しかし、食後の血糖値の上昇や
糖化を予防することはできます。

標準体重、適正体重の方には、

 痩せるお茶

ではなく、

 太らないお茶
 糖化の予防

といった目的で飲んでください。

では、実際のご報告内容を
見ていきましょう。

■甘いものが食べたくなくなった!

こちらがSちゃん様から
いただいたお声です。

体重の変化の他に
今まで甘い物が大好きだったのが、
食べたくなくなったとあります。

「からだ楽痩茶」を飲んだ方に
共通する体の変化として

「甘いものを欲しなくなった!」

という感想があります。

甘い物などの糖は、マイルドドラッグと
呼ばれるように麻薬と同じような
中毒性があり、甘い物がやめられない
糖質依存の状態になる方もいるほどです。

イメージしやすいのは、
タバコをやめた人が太るという現象です。

この現象からタバコは痩せるという
捉え方をする人もいますが、
ニコチンという中毒性のあるものから
糖という中毒性のあるものに代わった
だけで依存から抜け出していません。

そして、糖の摂取により、
血糖値が上昇し、肥満ホルモンが
分泌されるので太るというわけです。

「からだ楽痩茶」を飲んでいる方には、
ケーキやアイスクリームなど、
甘いお菓子だけでなく、間食も減った!
というお声も多いです。

現時点では、体重が減らない方も

 甘い物や間食が減った

という変化も効果のひとつです。

日々の生活で甘い物や間食が減り、
肥満ホルモンの過剰分泌が抑えられ、
体重が減少してくるという流れです。

■毎日が楽しい!が一番。

Sちゃん様もおっしゃっているように
毎日が楽しい!というところが
楽しく痩せるというお茶という意味で
個人的には、一番嬉しいですね。

そして、

   いそがずにゆっくり
      やせることにします。

ここが素晴らしいです。

どうしても短期間で痩せたいと
思われる方が多いのですが、
一気に痩せるデメリットとして、

 皮膚がたるんだり、シワが目立つ

ということもございます。

また、リバウンドしやすい
ということもございます。

なぜ、リバウンドしやすくなるかは、
下記の記事をご覧ください。

■目標の設定について

Sちゃん様は、目標を
50kgと書かれていますが、
適正体重は、58kgくらいが
良いかと思います。

すでに今の時点でBMIは、
22.5となり、最も健康的な
適正体重の範囲内です。

50kgだと、BMIが18となり、
痩せ過ぎとなってしまいます。

また、からだ楽痩茶を飲んで、
BMIが18くらいまで下がる場合、
カロリー不足の可能性もあります。

これは、カロリー不足により、
筋肉まで減っているかもしれません。

こういう時は、体重ではなく、
体脂肪率が課題となる場合が多いので、
一度、ご確認ください。

痩せ過ぎの健康リスクに
ついては、下記をご覧ください。

筋肉を落とさず、筋力を保ったまま、
適正体重を維持することがこれからも
楽しく健康的に過ごす方法です。

■まとめ:あなたも報告してみよう!

今回、現状の体重と変化、
そして、今後の目標と
過去、現在、未来について、
ご報告されており、とても
良い報告だと思います。

最終目標の設定については、
少し修正が必要と思われますが、
今後の目標は、未来のことなので、
今からでも変更が可能です。

目標が間違っていると、
評価も間違ってしまいます。

正しい目標設定ができているか
不安な方は、こちらの記事を
ご覧ください。

・効果を実感された方
・変化がない方
・悪化してしまった方

どんな内容でも構いません。

一度、報告してみませんか?

ご報告は、コチラから。

本日も最後までお読みいただき、
誠にありがとうございます。

感想などいただけると幸いです。

記事の更新を受け取りたい場合は、
LINEの友だち追加で通知を受け取れます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 43歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメント一覧 (2件)

  • 1ヶ月以上は続けていても、変化なしです。
    ヨガは週1、ウォーキングも2、3日に一回はしてますが、痩せなーい。更年期もあるしー。便秘もあるけど、やっぱり、夕飯食べ過ぎると太るしー。
    でも頑張って続けます。
    ちなみに、164㎝で、55から56キロが今じゃあ、57.5から58.5キロ。やばいです。

    • ノラ様、コメントありがとうございます。

      まず、現状把握いたしますと、
      164㎝で58.5kgの場合、
      BMIは、21.7となり、

       BMIは、22前後が最も病気が少なく、
       標準(適正)体重

      となりますので、
      現状では、全くやばくはなく、
      理想的な体重となります。

      しかし、更年期もあり、
      55→58.5kg(+3.5kg)という
      体重が増加傾向にあることは、
      注意すべきポイントですね。

      ですので、ノラ様の目標は、

      ・痩せる

      ではなく、

      ・今の適正体重を維持する

      ということになります。

      ここの認識を合わせておきたいですね。

      そして、運動も取り組んで
      いらっしゃいますが、
      ウォーキングは、効果がない
      という理由を記事にまとめているので
      是非、参考にしてください。
      https://club.rakusoucha.jp/2021/03/11/%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%af%e3%80%81%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%aa%e3%81%97%ef%bc%81%ef%bc%9f

      ジムやヨガ、水泳などの運動を
      やっていても効果がない人は、
      こちらの記事をご覧ください。
      https://club.rakusoucha.jp/2021/03/29/%e9%81%8b%e5%8b%95%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%82%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e6%96%b9%e3%81%b8/

      このように40代以降の運動は、

      ・運動強度
      ・実施するタイミング

      がとても重要です。

      すでにウォーキングの時間は、
      習慣化されているので、
      食前20分(運動のタイミング)で
      インターバル速歩(早歩きの強度アップ)に変え、

      ・体重は維持したままで、
       体脂肪率が低下しているか

      を記録して、効果をみてください。

      体重計で骨格筋率も計測できれば、

      ・骨格筋率が上がり、
       体脂肪率が下がっている

      これが確認できれば、理想的です。

      是非、お試しください。

コメントする

目次
閉じる