MENU

ヒアルロン美潤の効果的な飲み方について

目次

■いつ飲むのが良いのか?

はじめて「ヒアルロン美潤」を
お飲みになる方からご質問を
いただくのは、

【いつ飲むのが良いですか?】

というご質問です。

「ヒアルロン美潤」は、
医薬品のように飲む量などに
決まりはありません。

飲むタイミングや回数より
毎日飲み続けることが大切です。

なぜなら、体の中のヒアルロン酸は、
代謝といってどんどん体の中で
壊されて分解されてしまいます。

その分解スピードは、
とても速いです。

これを【半減期】と言います。

皮膚の真皮の場合、

ヒアルロン酸を摂取して、
わずか0.5~1.5日間で
半分の量に減ってしまいます。

軟骨の中では、2~3週間です。

ヒアルロン酸注射が
2週間前後を目途に打つのは、
この半減期に合わせています。

ヒアルロン酸に対して、
コラーゲンは180日間
半減期は、長いです。

美容成分は、毎日飲んだ方が良いと
コラーゲンドリンクやサプリメントを
毎日、飲んでいる人は多いです。

実際に効果を実感されていれば、
それでも良いですが、半減期の遅い
コラーゲンを毎日飲んでいても
効果を実感していないのであれば、
吸収されていない可能性もあるので、
この機会に断捨離しましょう。

今までコラーゲンを飲んでも
効果を実感できなかった方は、
下記の記事が参考になると思います。

ヒアルロン酸とコラーゲンの
半減期の理由からも

半減期の周期が早いヒアルロン酸を
毎日、確実に摂取する方が、
潤いやハリに効果的な飲み方です。

ですので、飲み続けやすい時に
美潤を毎日飲んでいただくのが
効果的な飲み方となります。

■薬剤師 森が飲んでいる量は?

開発者である薬剤師の森は、
1日に6粒を飲んでいます。

冬場や空気が乾燥しているな~
と思ったときは、
1日8粒に増やしています。

■元祖 美魔女の水谷 雅子さんの飲み方

元祖美魔女の水谷 雅子さんも
長くお飲みいただいています。

水谷さんのブログでは、朝、夜に飲んでいると書かれています。


40代は、基本の1日4粒、
水谷様のように50代以上は、
6~8粒をオススメします。

なぜかというと、
40代より50代の方が
体内のヒアルロン酸の
減少が多いから
です。

多めにしっかり補って
くださいね。

■夜に飲むと実感しやすい?

これは、データではないのですが、
初めての方の中に夜、寝る前に
飲むと翌日の調子が良いという方が
一定の割合でいらっしゃいます。

一度、お試しいただき、

「夜飲む方が良かった!」

など、コメント欄に
ご報告いただけると助かります。

■胃の弱い方の飲み方について

また、胃の弱い方は、
食後にたくさんのお水で
お飲みいただいた方が
胃に負担をかけずに
飲むことができます。

先に粒を飲むのではなく、
コップ半量のお水を飲んだ後に
ヒアルロン美潤を飲んでください。

これが胃に優しい飲み方です。

8日間モニターセットは、
効果ではなく体に合うかの
確認が目的となりますので、
今のタイミングで増量する
必要はありません。

しかし、効果を実感したい時には、
多めにお飲みいただくと良いですね!

最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

ご不明点などございましたら、
コメント欄よりご質問ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 43歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメントする

目次
閉じる