MENU

糖質50%OFF麺を食べてみました!

目次

■糖質オフの効果を検証!

最近は、ダイエットや
血糖値が高めの方向けに
糖質オフ商品が開発され、
人気が出ています。

なぜ、糖質オフ食品が
人気かというと、

・減量効果
・食後血糖値を抑える


などの効果を期待する
人がいるからです。

太る原因のひとつに、
食事の糖質摂取による
食後血糖値の上昇、
肥満ホルモンの分泌による
中性脂肪の合成があります。

糖質をオフにすることで
摂取する糖質量が減れば、
食後の血糖値のピークが
抑えられます。

そうすると、上昇した
血糖値を下げるために分泌
される中性脂肪を蓄積する
肥満ホルモンと呼ばれる
インスリンの分泌も減るため、
結果的に太りにくくなる
というわけです。

血糖値が上昇しなければ、
インスリンの分泌量は、
少なくなるので結果的に
痩せるという理論ですね。

では、糖質オフ食品を
実際に私が食べてみて、
食後の血糖値を検証します。

■糖質50%OFFのボロネーゼ!

私が食べたのは、
全国に展開するカフェで
従来の糖質に比べて、
50%OFFとなる麺に
+100円で変更しました。

フェットチーネ麺で
名古屋のきしめんの
ような見た目です。

栄養成分表記などは、
ありませんので、
50%OFFで糖質量が
どのくらいになったのか
把握できません。

また、栄養バランスも
分かりません。

では、食後の血糖値を
みていきましょう。

■食後1時間後の血糖値は?


糖質50%OFF麺を食べ、
食後1時間後の血糖値は、
200mg/dLを超えました。


血糖値は、180を超えると、
血管内皮を傷つけて、
動脈硬化を起こしますので、
私には、過剰摂取です。

ここまで食後の血糖値が
上昇していると、

①食後の血糖値上昇
 (血糖スパイク)

②血糖値を下げるため
 インスリンが分泌

③肥満ホルモンである
 インスリンの作用で
 余った糖は、中性脂肪へ


このようにして、
中性脂肪や体重が増えます。

■まとめ:糖質オフでも要注意!

糖質50%OFFというと、

・なんだか痩せそう!
・血糖値が上がらなさそう!


というイメージを持つ方も
いらっしゃると思います。

しかし、耐糖能の低い人や
インスリン抵抗性のある人には、
食後の血糖値は、正常な数値に
下がっていない人もいます。

下記の記事でもお伝えしたように
糖質制限やロカボなど、摂取する
糖質の量を少なくしても、

食後の血糖値が高い方
痩せない方

もいるのです。

血糖測定器は、血圧計のように
気軽に手に入らないので
食後の血糖値を測定できません。

見極め方としては、

・食後の眠気
・食後の空腹感


を感じるようであれば、
血糖値は高い、または、
インスリンの過剰分泌で
機能性低血糖になっています。

自分にあった糖質量が
分からない方は、食前や
食後にからだ楽痩茶を飲み、
食後の血糖値を調整して
いただければと思います。

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

記事を読んで役に立った!
全然知らなかった~!
早速、やってみました!など、
感想を入れていただくと、
励みになります。

また、ご質問などもございましたら、
お気軽にコメントください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1978年11月4日生まれ 44歳
2002年9月12日入社のベテラン社員
妻と7歳の娘との3人暮らし
お酒大好き、食べるもの大好き
「楽しく健幸に生きる」が信条

自称ラーメン部長だった
独身時代の不摂生から脂質代謝障害、
肝機能障害、高尿酸血症で30代の若さで
再検査となる。

5年近く、大好きなビールを断ち、
ウォーキングを毎日続けても
健康診断の結果は変わらず。

その後、薬剤師 森が開発した
「からだ楽痩茶」を飲み、
【最適な運動】【最適な食事】で
検診結果はすべて正常に。

43歳の健康診断の結果が、
過去10年で一番良い結果です!

体重:67.3kg→58.9kg(-8.4kg)
ウエスト:86cm→74cm(-12cm)
体脂肪率:22.5%→14.8%(-7.7%)
中性脂肪:187→49(-138)
尿酸値:7.7→5.7(-2.0)
AST(GOT):25→14(-11)
ALT(GPT):53→18(-35)
γ-GTP:112→34(-78)
HDLコレステロール:37→53(+16)
LDLコレステロール:164→128(-36)
HbA1c:5.2%(2021年12月)
ヘモグロビン:14.1→15.4(+1.3)

健康管理士、ダイエット検定1級
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーの
資格を持っています。

元々、太りやすい体質でまんぷく丸と
呼ばれ、過去の多くの失敗から学び、
健康管理士としての「知識」と
ダイエットプロフェッショナルアドバイザーとしての
「実践」を踏まえ、ダイエットや健幸(健康)になれる
価値ある情報を伝えていきます。

 お気軽にコメントください(#^^#)

コメントする

目次
閉じる